障害者向けサテライト オフィスサービス

障害者向けサテライト
オフィスサービス

テレワーク推進賞で「優秀賞」受賞!利用実績No1​

スタートライン創業のきっかけとなったサテライトオフィスは、私たちが思い描く『共生社会』を実現するために考え抜いて行きついた一つの答えでした。
働く人の能力が発揮されやすい場所を創りたい、そんな思いが込められています。

「サテライトオフィスサービス」が解決する課題

  • 課題

    業務の創出ができない

    解決

    250社以上のコンサルティングの実績を元に
    貴社の業務切り出しをご支援

  • 課題

    採用しても定着しない

    解決

    採用の見極めのノウハウを提供し
    専門スタッフが定着支援を行うことで
    安定就労を実現

  • 課題

    マネジメントがうまくいかない

    解決

    あらゆる課題を分析し、オフィス/個人に応じた
    サポートプランを提案することで
    マネジメントノウハウを提供

「サテライトオフィスサービス」の仕組み

サテライトオフィスサービスは、職域開拓や採用、適性判断やチームビルディング、定着や能力開発に関する相談までトータルで支援します。

バリアフリーというハード面の環境だけでなく、障害者雇用支援の専門的な知識を有した当社社員が常駐しているため、様々な障害種別の方が安心して就業することができます。

サテライトオフィス仕組み図

「サテライトオフィスサービス」が選ばれる理由

01障害者が「戦力として活躍すること」を目指しています

職域開拓や採用、その後の定着支援から得意領域のスキルアップまで、障害者雇用をトータルで支援します

  1. 業務コンサルティング
    ・社内説明会実施
    ・業務開拓ツール提供
    ・関係者ヒアリング
    ・業務分析/フォロー構築
    ・マニュアル作成 など
  2. 採用コンサルティング
    ・母集団形成
    ・支援機関連携
    ・採用事務代行
    ・面接同席とアドバイス
    ・適性検査の実施 など
  3. スタートアップ(チーム内常駐)
    ・アセスメントと適性判断​
    ・サポートプラン作成​
    ・業務フロー構築/レクチャー​
    ・補完方法検討と実施​
    ・チームビルディング など​
  4. フォローアップ
    ・定期面談/レポート提出​
    ・臨時対応/相談窓口常設​
    ・業務/メンバーの継続支援​
    ・新規職域/採用/定着支援​
    ・サポートツール提供 など​

02人への“想い”と科学的根拠に基づいた理論による支援

障害者雇用の現場を支える社員を一番の強みと位置づけ、支援技術とホスピタリティ精神を持って支援にあたる。

科学的根拠に基づいた支援技術をベースに、支援ツールを開発。ノウハウを蓄積し、支援レベルを向上させる。

支援技術の研究開発などを行う研究所、国内外の専門機関との連携によって、支援技術を磨き続ける。

03障害者の働きやすさを追求したオフィス設計

適度な静粛性、明るすぎない照度など障害に配慮した環境をご用意しています。

【スライドドア】​
様々な障害特性にも対応できるように
​オフィスはスライドドアを設置​

【会議室】
各企業様の必要に応じて面談や
ミーティングが実施できるスペースを
確保

【ユニバーサルトイレ】​
十分な広さを確保することで、
車椅子の方だけでなく、
様々な障害に対応可能​

【コミュニティスペース(休憩ルーム)】​
昼食や小休憩の際など、
自由に利用可能な​コミュニティスペース​

【セキュリティ】​
エントランスおよび各社様のブースにはセキュリティ錠を設置

【休憩用ベッド】​
体調不良の方が休めるように
全拠点に休憩用ベッドを完備​

ご利用実績

ご利用実績

株式会社ベイクルーズ
株式会社デサント
五洋建設株式会社
株式会社長谷工システムズ
HUキャスト
株式会社イマジカデジタルスケープ
日本プロセス株式会社
株式会社キングジム
株式会社遠藤波津子美容室
MARK STYLER株式会社
丸紅リアルエステートマネジメント株式会社
三菱地所プロパティマネジメント株式会社
西村あさひ法律事務所
株式会社ポーラ
株式会社WOWOWコミュニケーションズ
株式会社ユナイテッドアローズ
株式会社シェイプアップハウス
野村不動産ソリューションズ株式会社
ミサワホーム株式会社
ソシオークホールディングス株式会社
オルビス株式会社
株式会社ニフコ

事例紹介

  1. 企業事例①
    サテライトオフィス

    逆転の発想で実現!
    東京計器がコロナ禍で挑んだ
    業務切り出しと体制づくり

    企業名:東京計器株式会社
  2. 企業事例②
    サテライトオフィス

    ここまでやるからうまくいく!
    アクセンチュアが実践する
    オンライン採用手法

    企業名:アクセンチュア株式会社

導入までの流れ

  1. Step01
    お問い合わせ。担当よりご連絡差し上げ、
    サービスのご紹介。その後、センター見学を実施。
  2. Step02
    企業様で社内検討。上申資料作成をご支援。
  3. Step03
    契約締結。キックオフミーティング実施。
  4. Step04
    業務コンサルティング開始。
    ヒアリングから業務の切り出し、フロー・マニュアル作成。
  5. Step05
    ④と並行して採用コンサルティングも実施。
    採用事務代行、母集団形成、面接時も同席。
  6. Step06
    稼働。スタートアップサポートとして、
    当社社員が常駐。アセスメントから業務レクチャー、チームビルディングのサポート。

※①~③の実施に、目安として数週間~1か月ほど頂戴いたします。
※本格的にサービスを導入せず①~③のみなど、課題整理から社内コンセンサスを作るまでのコンサルティングも可能です。※費用についてはお問い合わせくださいませ。
※状況により期間やミーティング回数、内容が前後する場合がございます。

サテライトオフィス 拠点一覧

よくある質問

Q
サテライトオフィスの導入にあたり、障害者雇用に関する知識を深めるための研修を本社内の従業員向けに実施したいと考えていますが、対応可能ですか?
A

はい。
研修対応可能です。
障害者関連法令はもちろん、具体的な支援技法まで研修させていただくことが可能です。
また、より専門的な障害者雇用関連研修も有償提供しておりますので、別途ご相談ください。

Q
サテライトオフィスは、どのような業種の企業にどのような活用をされていますか?
また利用可能最小人数は何名ですか?
A

サテライトオフィスのご利用企業の従業員規模は100名から4,000名以上と幅広く、業種は建設工事・人材・アパレル美容・IT・コンサルティング・大手法律事務所など、上場・非上場問わず、60社以上に合理的配慮の一環として導入、新規採用の拠点としてご活用いただいております。
また障害者雇用の場としてだけではなく、リワーク場所や育休明けのオフィスとしての利用事例もございます。
なお利用可能最小人数は2名で、多いところは10名以上障害者が就業するオフィスもあります。

その他サービス

屋内農園型障害者雇用支援サービス IBUKI

ハーブ類等を生産・加工する屋内農園型障害者雇用施設。当社サポートスタッフが常駐します

IBUKI の項目に表示している画像の代替テキスト。画像がなくても「どんな画像が表示されているのか」がわかる詳しいテキストを入力する必要があります

ロースタリー型障害者雇用支援サービス BYSN

オリジナルの珈琲の開発など珈琲をきっかけとしたコミュニケーションが広がります

BYSN

障害者雇用総合コンサルティングサービス

企業ごとに異なるニーズに合わせた 障害者雇用プランを、オーダーメイドでご提案

「サテライトオフィス」で働きたい!という方はこちら