ALL
サテライトオフィス
IBUKI
EveryBuddy
人材紹介

サテライトオフィスサービスおよびIBUKIにおける
サテライトオフィス利用は障がい者雇用アウトソーシングですか?

サテライトオフィス
IBUKI

サテライトオフィスを活用した障がい者雇用は、企業様が雇用する障がいのある方を当社に派遣するといったことや、障がい者雇用をまるごと当社へアウトソーシングするといったことではございません。障がい者雇用の一つのソリューションとしてサテライトオフィスの活用を頂いております。

法令に順守していますか?

サテライトオフィス
IBUKI

企業様の多様な雇用のあり方を支援し、地域社会や、他のご利用企業様とともにより良い就業環境を創る担い手の一部が当社です。雇用の主体、主役はあくまで障がいのある方を雇用する各企業様です。様々な法令、特に労働法令等に抵触しないよう当スキームについては労働行政にも確認し、助言をいただいた上で適切な状態を維持しております。大手法律事務所様にもご活用いただいておりますので、ご安心ください。

サテライトオフィスサービスもしくはIBUKIの解約はできますか?

サテライトオフィス
IBUKI

もちろん可能です。原則、6か月前に解約予告通知を書面でご提出いただいております。

実際に導入をしている企業の話を聞くことはできますか?

サテライトオフィス
IBUKI

もちろん可能です。当社では、実際にサテライトオフィスサービスをご利用いただいている企業ご担当者様にセミナーにご登壇いただき、導入に至る背景や導入後の様子についてお話をいただいております。セミナーでは、質疑応答のお時間を設けております。

サテライトオフィスサービスもしくはIBUKIを導入する際に、
就業規則の改訂は必要ですか?

サテライトオフィス
IBUKI

本社と同じ条件であれば、特段必要はございません。

サテライトオフィスサービスもしくはIBUKIでの勤務時にケガをした場合、
労災保険は適用されますか?

サテライトオフィス
IBUKI

労災保険は、適用されます。

障がい者雇用に関する知識を深めるための研修を本社内の従業員向けに実施をしたいと
考えていますが、対応可能ですか?

サテライトオフィス
IBUKI

障がい者関連法令はもちろん、具体的な支援技法まで研修をさせていただくことが可能です。

どのような業種の企業がどのような活用の仕方をしていますか?

サテライトオフィス

従業員規模は200名規模の企業様から4,000名以上の企業様まで幅広く、業種はアパレル、エンタテイメント、大手法律事務所など上場・非上場問わず60社以上の企業様に合理的配慮の一環としての導入や、新規の採用の拠点としてご活用いただいております。なおご利用の最小人数は2名、多いところは10名以上のオフィスもあります。
また障がい者雇用の場としてだけではなく、リワーク場所や育休明けのオフィスとしての利用事例もございます。

サテライトオフィスの開設には、どのくらいの時間がかかるのですか?

サテライトオフィス

サテライトオフィスの空き状況にもよりますが、ご契約締結から約2か月で稼働まで至ります。

サテライトオフィスで新規の採用をする場合はどのぐらいの時間がかかりますか?

サテライトオフィス

新規の採用人数にもよりますが、約2ヶ月が目安となります。既存の採用地域から変更をすることで採用マーケットも新しくなりますので、十分に狙った時期に狙った人材の採用が可能になります。

サテライトオフィスでの業務事例について教えてください。

サテライトオフィス

業務事例としては健康診断手配、名刺作成、ウェブサイトのチェックや更新、勤怠データの加工や集計、企業間取引や派遣サービス利用に伴う様々な契約書チェックやスキャニング業務などコーポレート系の業務を中心に運営されています。中には、セールス部門のサポートとして獲得名刺データ化、取引先信用調査、アプローチリスト作成などの営業補助業務を実施している企業様もいらっしゃいます。

各企業のサテライトオフィスでは、どのような障がいのある方が働いていますか?

サテライトオフィス

現在は身体障がいの方が40%、精神・発達障がいの方が約55%、知的障がいの方が約5%です。
様々な障がいをお持ちの方がいらっしゃる職場で、ピアカウンセリング効果も期待できます。

サテライトオフィスというテレワークできちんと業務がおこなえるか不安ですが、
どのように業務をおこなっているのでしょうか?

サテライトオフィス

テレワークという形で障がい者チームだけでの業務を可能にするため、以下の①~③のフェーズに応じたサポートがあります。

【①稼働前】
業務切り出しのコンサルティングをおこないます。業務切り出しまでのプロセスは以下になります。
(1)社内各部署へ「業務切り出しフォーマット」を使って業務切り出しを実施
(2)切り出した業務を当社にて確認・精査(業務内容・業務ボリュームなど)
(3)当社担当が業務を切り出した部署へ業務詳細のヒアリングを実施。

【②稼働開始~3ヵ月(スタートアップ時)】
稼働開始から3ヶ月間、当社担当が御社のサテライトオフィスで常駐指導いたします(当社担当者と利用企業様で該当期間の派遣契約を締結)
(1)1~2ヶ月目は業務構築をおこないます
(2)3ヶ月目は、本社からの指示に対して、障がい者チームだけで業務をおこない、納期通りにミスなくアウトプットができるかを指導いたします。

【③4ヶ月目以降】
障がい者チームだけで業務をおこないます。業務の指揮命令は利用企業様にあり、アウトプットは利用企業様ご担当者様に対しておこないます。サテライトオフィス環境のため、どういう状態で働いているかが分からないので、それを補完するために週に1回、サテライトオフィス勤務の障がい者の方とカウンセリング面談をおこない、ウィークリーレポートを提出いたします。

サテライトオフィスにしても、在宅雇用にしても、業務の切り出しが難しいと
考えています。新しい雇用につながるほどのボリュームも見込めません。

サテライトオフィス

多くの企業様が同じように考えていらっしゃいます。
ルーティンとして簡単に切り出せる業務があり、しかもある程度のボリュームがあれば、それはすでに今いらっしゃるどなたか従業員の方がされているか、外部へとアウトソーシングしているケースがほとんどだからです。
当社のコンサルタントは、そのような企業様に対してもビジネスプロセスを細かく見直し、業務の切り出しをおこなっています。既存の自社業務だけでは新しい職域開拓が難しい場合は、できる範囲で新しく職域開拓を広げるお手伝いをしております。多くの実績がございますのでまずはご相談ください。

サテライトオフィスの障がい者のマネジメントはどのようにおこなっていますか?

サテライトオフィス

企業ごとに異なりますが、日々の勤怠管理は出退勤時のメール報告や勤怠システムによりおこなわれています。
また業務の指揮命令は利用企業様におこなっていただきますので、業務の日々のやり取りは電話・メールなどで直接していただきますが、業務以外の体調面等の状況は当社による週1回のカウンセリング面談と日々のサポートをまとめたウィークリーレポートを通じて把握できるようにしております。
その他目標管理や昇給・昇進は企業ごとの社内規定に沿っておこなわれています 

本社からは、どのくらいの頻度でサテライトオフィスに行けばよいのでしょうか?

サテライトオフィス

少なくとも月に一度は本社の方もお越しいただくようにご担当者様にはお話をさせていただいております。ただ、サテライトオフィスで就業される方のご状況によっては定期的に本社出勤をされている方もいらっしゃいます。
なお、現在ではチャットやTV会議システムなどITシステムを活用してリアルで顔が見えるコミュニケーションを導入されている企業様もいらっしゃいます。

本社から業務の指揮命令はどのようにおこなっているのですか?

サテライトオフィス

基本的には電話もしくはメールでのやり取りが中心です。企業様によってはチャットなどの機能を導入され常にコミュニケーションが取れる体制を構築されるケースもございます。

障がい者を5名雇用している事業所には職業生活相談員が1名必要になりますが、
社員がサテライトオフィスに常駐することになるのでしょうか?

サテライトオフィス

ご利用いただいている企業様の事例では、サテライトオフィスで勤務している障がい者(リーダーの方)が資格取得しているケースもございます。もちろん本社から常駐して頂いてもかまいません。

サテライトオフィスで、障がいのある社員の就業現場が直接見られなくて不安です。
すぐ目の前にいないということで業務指導も大変なイメージがあります。

サテライトオフィス

サテライトオフィス運営のサポートには、当社のサポートスタッフが積極的に関わっています。ご利用の各企業様が安心していただけるよう、きめ細かい配慮、サポートを実現していますし、情報のフィードバックを、デイリー・ウィークリー・マンスリーと細かくおこなっています。
業務を円滑に進められるよう、マニュアルの作成や改善も随時おこなってます。
当社のサポートスタッフは企業様とサテライトオフィス利用者の間に入り、調整役としての機能を実現しています。

サテライトオフィス内で、利用者同士のトラブルなどは発生しないのですか?

サテライトオフィス

現在、全センター合わせると約350名以上の障がいを抱えた方が就業されております。 障がい特性からくるトラブルや人間関係のトラブルは、もちろんある程度ございます。そのため小さな問題・トラブルは各センターで日々起こっておりますが、その問題やトラブルの対処は、当社にてサポートしています。
必要があれば当事者へ臨時面談などをおこない、利用企業様へは当社から具体的な打ち手をご提案させていただき、協議の上、一緒に問題を解決していきます。

サテライトオフィスを利用することになると、
そこで働く従業員の帰属意識・ロイヤルティを醸成できるか心配です。

サテライトオフィス

当社は雇用管理サポートや職業生活に必要なメンタルケアのサポートをいたしますが、 サテライトオフィスで働く方々は企業様の従業員です。
各企業様独自のイベント(入社式や年次のキックオフ、忘年会等)への参加や、人事担当の方をはじめ、役員、他の従業員の方と定期的にコミュニケーションをとるようにしていただいているため、ご心配のような事態は発生しません。

サテライトオフィス勤務の従業員が孤独感や疎外感を感じませんか?

サテライトオフィス

当社は、雇用管理上のサポートだけで十分だとは考えていません。
他の利用企業様の従業員との交流の場が日常的にあることは、サテライトオフィスならではの光景です。
当社主体の企画としては、オフタイムに各企業のご家族も招待したバーベキュー大会などのイベントも実施しております。
当社は利用企業様とともに温かい職場を創造してまいります。

サテライトオフィスの運営時間を教えてください。

サテライトオフィス

サテライトオフィスの運営時間は平日8:30~19:30となっております。
土日出勤や、残業や早朝出勤の場合には事前に申請を出していただくようお願いしております。
その際は、別途利用料とは別に費用をいただきセンターを開場いたします。
当社スタッフが不在の状態で、各ご利用企業様の従業員のみの状態にならないようなサポート体制になっておりますので、ご安心ください。

サテライトオフィスで、自社のオフィスに他企業の従業員が入ることはないのですか?

サテライトオフィス

利用企業様ごとにオフィス専用のセキュリティを設けており、かつ全体のオフィスフロアに入る際にもセキュリティキーが必要になっています。このように2重のセキュリティ体制となっているので、部外者が侵入できる環境ではございません。

個人情報を取り扱う業務を切り出すことは不安です。

サテライトオフィス

利用企業様によっては、その企業様のセキュリティポリシーに抵触しない業務の切り出しをおこなった事例もございます。その他、社内システムへのアクセス権を制限したり、紙の印刷は禁止するなど、その企業様にあった業務切り出しをおこなっておりますので、個人情報を取り扱う業務についてもご安心して業務に取り掛かれるようご提案させていただきます。
実際に、プライバシーマーク取得企業が定期的な監査でサテライトオフィスを対象にして、各規定をクリアしていると認定されたケースもございます。

サテライトオフィスを開設するとなるとコストがかかることが心配です。

サテライトオフィス

自社で新しくオフィスを構えることになれば、敷金・礼金・手数料などの初期費用、バリアフリー改修・オフィス什器準備・通信インフラ工事などの設備投資、オフィス準備をするための人的リソースと、多くのコストがかかることになります。
当社のサテライトオフィスサービスは、ご利用される他の企業様とのシェアードサービスもあり、コストを最小限に抑えることが可能です。
また、設備コストのシェアに加えて、通勤の利便性、障がい者雇用支援のプロフェッショナルスタッフのサポートにより、障がい者の安定就業を実現することが可能です。

サテライトオフィスでの雇用は、各種助成金の対象になる雇用形態でしょうか?

サテライトオフィス

もちろん利用企業様との直接雇用になりますので、助成金の対象となります。

IBUKIでは、どのような障がいのある方が働いていますか。

IBUKI

知的障がいと精神障がいの方が中心です。
割合としては、50%:50%です。

採用のプロセスについて教えてください。

IBUKI

周辺の特別支援学校・就労移行支援機関などを通じて母集団形成をいたします。書類選考⇒面接⇒適性検査⇒最終面接のプロセスになります。適性検査では、弊社スタッフが主体となり、農作業の体験をしながら、作業やコミュニケーション、通勤が可能かについての確認をし、選考におけるチーム構成の観点を含めてアドバイスをさせていただきます。なお採用の主体性は利用企業様にございますので、選考の判断は弊社ではおこないません。

IBUKIのサポート体制を教えてください。

IBUKI

IBUKIのサポート体制は以下の通りとなり、主に管理者へのサポートがメインとなります。

1) 管理者向けサポート
 ①管理者向けに以下の初期研修を実施いたします。
  - 障がい特性の理解
  -支援技法(面談レクチャー・コミュニケーション等)
  但し、初期研修のみだけではなく、研修後も常駐している当社
  サポーターへお気軽にご相談が可能です。
 ②管理者とメンバー様との面談への同席
  安定稼動を目指すため、管理者がメンバー様と定期面談をおこなう際、
  当社サポーターが定期面談に同席いたします。
  同席期間は初期1ヶ月間といたします。
 ③ 管理者向け面談の実施
  管理者向けの定期面談を2週間に1回当社サポーターが実施いたします。
  面談内容・結果は、管理者から人事担当者様へ報告いたします。

2) メンバー向け栽培サポート
  栽培・加工技術のレクチャー

3)安定稼働後のサポート体制
  安定稼動した後も当社サポーターが常駐しておりますので、
  管理者の方が困った時にすぐ相談できる体制があります。

障がい者の業務量は確保出来るのでしょうか。

IBUKI

ハーブ・葉物野菜などの栽培物のご希望をお伺いしつつ、雇用される障がい者の方の作業スキルに応じた栽培スケジュールを当社で作成しますのでご安心ください。屋内でのLED光による栽培なのでシーズナリティの影響を受けることがなく、原則は同じ時間割で就業頂き、種まきの時期をずらすことで一定量の作業量を確保します。

IBUKIでは、どのような栽培物が出来るのですか。
また、栽培物は、どのような活用をするのですか。

IBUKI

葉物野菜・ハーブ・エディブルフラワー(食べるお花)を中心に約50種類の栽培が可能です。今後も栽培出来る種類を増やしていく予定です。

現在は、大きく3つの活用方法があり、CSRとして社内外に発信しやすいカタチをご提供します。
1.根付きのまま出荷が出来ますので、オフィスでの緑化にお使いいただけます。
2.FARM内でドライ加工が出来ますので、ハーブティとしてコミュニティスペースなどでご利用いただけます。
3.パッケージを施すことで、福利厚生として社員の皆様への誕生日や記念日
  での贈り物に、販促として営業の皆様がお客様への訪問時のおみやげなどに
  ご利用いただけます。

ハーブティの活用のイメージが浮かばないのですが?

IBUKI

【社内でのご活用】
女性社員の方を始め、皆さん休憩の際にお茶を飲まれているかと思います。ハーブティには"リラックス"、"眠気覚まし"など様々な効能がございますので、ご活用のシーンに合わせてどのような効能がいいかを事前に擦り合わせをさせていただき、栽培リストの中から数種類のハーブを選び、ブレンドしてハーブティーにいたします。

【販売促進ツールとしてのご活用】
①御社のお客様に対する販売促進ツールとして、②新卒の方などを対象にした会社説明会でのCSRの取り組みのご紹介として、③社員もしくはご家族の方へのちょっとしたプレゼントとして…など様々なシーンで新しい価値として活用いただくことを想定しております

FARMは遠方にあるのでしょうか?

IBUKI

IBUKI YOKOHAMA FARMは、渋谷駅から電車で30分、または横浜駅からも電車で20分という好立地にあります。一般的に農地は郊外にあり、本社などからの移動時間ロスが大きくなりがちですが、今後のFARMも都心から通いやすい立地を予定しています。

FARMは屋外の農園ですか。

IBUKI

常に空調管理された倉庫内に設置したビニールハウス農園となります。屋内にて農作業をおこなうので、真夏の炎天下での熱中症や自然災害のリスクが小さく、就業環境としての最適な環境となっています。

栽培の仕組みはどのようになっていますか。

IBUKI

LED光を用いた水耕栽培をベースとしています。水耕栽培には溶液循環方式と底面潅水方式があるのですが底面潅水方式を採用しています。そのため植物が吸収した分だけ給水されますので、溶液循環方式のデメリットとなる養液排水による環境破壊がありません

管理者が急病などにより出勤出来ない場合の対応方法は?

IBUKI

ルーティーンな作業が大半のため、標準的な作業手順書を準備しております。
管理者の欠勤時には、利用企業様に事前に確認、ご指示を頂いたうえで、
作業手順書に基づき、共有の加工スペースなどで就業いただきます。
そのため、急遽本社からご担当者様にお越しいただいたりすることなく稼働ができます。

セキュリティ管理はどのようになっていますか。

IBUKI

各ブース入り口ドアの鍵は管理者の方に管理いただきます。
(有事の際に対応できるよう当社社員も同様の鍵を保管しております。)
FARM入口にはセコムセキュリティーカードを設置しております。
(セコムセキュリティーカードは当社から貸与し、管理者・ご利用障がい者・当社スタッフが保持します。)

IBUKIの開設には、どのくらいの時間がかかるのですか?

IBUKI

FARMの空き状況にもよりますが、ご契約締結から約2か月で稼働まで至ります。

IBUKIで新規の採用をする場合はどのぐらいの時間がかかりますか?

IBUKI

新規の採用人数にもよりますが、約2ヶ月が目安となります。既存の採用地域から変更をすることで採用マーケットも新しくなりますので、十分に狙った時期に狙った人材の採用が可能になります。

IBUKIの運営時間を教えてください。

IBUKI

IBUKIの運営時間は平日9:00~18:00となっております。
原則、土日祝出勤や残業等は発生いたしません。

ビニールハウスについて、隣(他クライアント)のブースを
破損してしまった場合はどうすれば良いのか。

IBUKI

物損害保険の適用でリース会社または弊社が施工費を負担いたします。但し、利用者が故意に破損した場合は実費請求とさせて頂きます。

EveryBuddyサービスとその他の支援サービスとの違いは何ですか?

EveryBuddy

現状の障がい者雇用の課題解決に加え、継続的に当社サポートシステム(Web)をご利用いただくことにより、「障がいのある方の状態把握」、「変調の発見・介入」、「安定した就業生活を維持するための予防的サポート」、「戦力化」等をおこなう事ができ、長期安定就労を目指します。
当社と企業様間で契約を締結し、複数名の管理者様・従業員様のサポートが可能です。専門ツールを用いた「得意」「不得意」の把握や、業務能力改善、システムを活用した心身のセルフマネジメントスキル向上により、充実した障がい者の職業生活構築、管理者様の障がい者雇用管理の負担軽減が可能となります。なお、システムは手軽にパソコンやスマートフォンからご自身で記録することが可能です。
また、「EveryBuddy」はただ精神障がい者が安定して出社してくれれば良いという現状維持ではなく、精神障がい者のキャリアとライフの一層の充実をサポートする「未来志向型」の定着支援サービスです。サポートプランを元にキャリア面、心理面の両面での向上をめざし、リモート/リアル(対面)の両面で手厚い支援サービスをご提供します。

EveryBuddyサービスの全体像を教えてください。

EveryBuddy

サービスの流れとしては、以下の5ステップございます。
1.職域開拓
-障がい者に任せる業務を開拓します。
2.障がい者の採用支援
-当社人材紹介サービス「MyMylink」にて採用要件を満たす人材を紹介します。
3.研修(障がい者向け、管理者向け)
-障がい者を受け入れる部署の管理者や人事部を対象に研修に加え、障がい者への研修をおこないます。
4.立ち上げ支援
-障がい者向けの業務マニュアル作成サポートなど、管理者向けの立上げサポートをおこないます。
5.定着支援
-チャットや当社サポートシステム(Web)を活用した遠隔支援に加え、当社支援員が定期的に訪問させていただくリアルなサポートで、障がい者の定着を支援します。

サービスの一部だけを利用することは可能でしょうか?

EveryBuddy

可能です。ご利用企業様のニーズに合わせて、一部のステップのみをご利用いただくことも可能です。

EveryBuddyサービスの強みは何ですか?

EveryBuddy

障がい者に対して、リモートの定着支援(心理学的アプローチ)を日次でおこなうことができ、長期定着を実現することが可能です。

支援の対象は精神障がいだけですか?

EveryBuddy

当サービスは長期安定就労のための心の付き合い方の支援を強みとしており、精神障がいや発達障がいの方への支援にお役立ていただけると考えております。さらに、当社システムへの入力が可能であれば身体障がい、精神障がい、発達障がい、高次脳機能障がい、軽度知的障がいの方もご利用いただくことができます。

サポートシステム(Web)は、情報漏洩やウイルス感染の心配はありませんか?

EveryBuddy

パソコンやスマートフォンによる実施が可能ですが、ともにサーバー内の改ざん防止やウイルス対策のためのシステムを既に組み入れておりますので、ご安心ください。利用者、管理者とも各個人のアカウントを発行しており、IDとパスワードを入力し利用する仕組みです。

どんな人が支援してくれるのでしょうか?

EveryBuddy

障がい者職業カウンセラー、職業生活相談員、精神保健福祉士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、作業療法士などの有資格者が多数在籍しており、専門的な知見から支援が可能です。また社員全員が、メンタルヘルス、職業リハビリテーション、キャリア支援、関係法令に関する研修を修了しており、障がい者への就労支援実績のある専門スタッフが対応いたします。

障がい者に任せる職域開拓(業務切出)は、具体的にどのような支援をしてくれますか?

EveryBuddy

障がい者5名程度までの職域開拓を想定し、職域開拓準備研修や各部署への個別業務ヒアリング、業務一覧の棚卸、実施業務の提案をおこない、障がい者にお任せする業務を決定する支援をおこないます。また、障がい特性に合わせた最適なマニュアル作成の支援をおこない、業務1件までマニュアルのサンプルを無料で作成いたします。

職域開拓の実績を教えてください。

EveryBuddy

サテライトオフィスサービスご利用企業様90社の職域開拓事例がございます。
具体的な業務事例としては、健康診断手配、名刺作成、ウェブサイトのチェックや更新、勤怠データの加工や集計、企業間取引や派遣サービス利用に伴う様々な契約書チェックやスキャニング業務などコーポレート系の業務を中心に運営されています。中には、セールス部門のサポートとして獲得名刺データ化、取引先信用調査、アプローチリスト作成などの営業補助業務を実施している企業様もいらっしゃいます。

採用はどのように支援をしてくれるのですか?

EveryBuddy

大きく2種類ございます。

① 当社人材紹介サービス「MyMylink」による人材紹介
-当社より採用要件にマッチした障がい者をご紹介させていただきます。
面接時には同席をさせていただき、見極めを支援します。
費用は、成功報酬型で、1名採用につき88万円(税別)です。

② 面接同席
-ハローワークや自社サイト経由等、MyMylink経由以外の採用活動をおこなわれる場合、
障がい者の見極め支援として面接の同席が可能です。
費用は、半日の面接に対して、5万円(税別)です。

障がい者向け研修とはどのようなことをおこなうのですか?

EveryBuddy

5日間(5時間/日)で、サポート前のアセスメントを兼ねた研修をおこないます。
研修のカリキュラムは、以下の通りです。

①障がい理解・アセスメント
-当社アセスメントツール(SAPLI)や考え方の習慣や特徴を把握するための質問紙法(Q-スケール)を活用し、障がい者ご自身が自己理解のための情報整理と、当社支援員による個人面談(2時間)をおこなうことで、障がい者ご本人の障がい理解を客観的に把握します。

②心理的柔軟性を向上させるための心理療法プログラム
-アクセプタンス & コミットメント セラピー(ACT)と呼ばれる、感情と思考との付き合い方を学ぶ体験的エクササイズを実施することで、障がい者自身のマインドフルネスと心理的柔軟性の向上をおこなうことで、精神障がい者が不調に陥る傾向にあるネガティブな思考との付き合い方を訓練します。

③模擬業務の経験
-職業リハビリテーションでも用いられるワークサンプル幕張版(MWS)を活用し、入力、データ修正などのPC操作、請求書チェックやデータ集計などの紙の事務など6種類の模擬業務により、作業処理能力を確認します。ミスの傾向を把握し、補完手段を提示することで、障がい者自身が実務に取り掛かる際の作業遂行力を向上させます。

管理者研修とはどのようなことをおこなうのですか?

EveryBuddy

大きく以下の4テーマ、15種類の研修メニューがございます。1つの研修メニューは1.5時間~3時間程度のメニューで、合計5時間までニーズに沿ったメニューを選択していただくことが可能です。
① 障がい者雇用関連法令
② 企業経営と障がい者雇用
③ 障がい特性と配慮
④ 障がい者雇用の支援技法

定着支援とはどのようなことをおこなうのですか?

EveryBuddy

大きく以下の4つをおこないます。

①リモートサポート
┗チャットやメール、電話、当社サポートシステム(Web)を活用し、障がい者や管理者に対して、遠隔で日々発生する課題や悩みを支援します。

②サポートプランの作成および提出
┗障がい者一人ひとりに対してサポートプランを作成。
一人ひとりの支援計画を作成し、PDCAを回すことで長期安定就労に結びつけます。

③月2回のリアル面談
┗当社支援員がお伺いをして、月2回障がい者や管理者の方々との面談をおこない、障がい者自身や管理者が抱えている不安を解消します。※電話面談の場合もございます。
<面談内容>
【利用者】業務面、生活面、体調・メンタル面、コミュニケーション面、日々のSSS実施記録の振り返り、管理者へ伝えたいこと、良かったこと、できたこと
【管理者】利用者のご様子、業務面、コミュニケーション面、日々のSSS実施記録の共有、新たな課題、組織の状況整理、面談後、報告書を作成し、送付させていただいております。

④月1回の人事・管理者向けレポーティング
┗リモートおよびリアルでのサポートを通して、サポートプランに基づき現状と今後のサポートプランについてレポートを提出させていただきます。

チャットのやり取りのイメージを教えてください。

EveryBuddy

①障がい者-管理者-当社支援員の3者間
②障がい者-当社支援員の2者間
③管理者-当社支援員の2者間

上記のようなパターンで、①だけ、①・②・③のすべてなど、柔軟に複数グループをつくることが可能です。

管理者や人事担当者からの質問・相談は全て、月額基本料金に含まれていますか?

EveryBuddy

はい。すべて月額基本料金に含まれております。ただし、サポート対象となる人数があまりに多くなった場合は、別途料金のご相談をさせていただきます。

リモートサポートは時間の制限(何時から何時まで)、曜日の制限はありますか?

EveryBuddy

原則として、リポートサポートのご利用時間は、平日9:00~18:00とさせていただいております。

支援機関との連携はどうなりますか?

EveryBuddy

障がい者が定着しやすいよう、支援機関とも密に連携してサポートいたします。

EveryBuddyの定着サポート期間を教えてください。

EveryBuddy

定着サポートに期間設定は特に設けておらず、お客様のご希望が有る限り、末永くお付き合いいただきたいと考えております。ご契約は6か月ごとの自動更新制です。

ジョブコーチとの違いを教えてください。

EveryBuddy

一時の課題解決のみでなく、当社サポートシステム(Web)を使用することにより、「対面でないときの状態把握」、「変調の発見・介入」、「安定した就業生活を維持するための予防的サポート」を実現します。当社サポートシステム(Web)は手軽にパソコンやスマートフォンから自身でヘルスログなどを記録することができ、セルフマネジメントスキルの向上も目的としています。継続利用が可能なため、長期的な予防対策としても利用可能です。

導入に難色を示している従業員に対する促し方はありますか?

EveryBuddy

導入説明の際は、「安定就業のために必要なサポートである」という目的や「個人の社内評価が下がったり、不利益があるものではない」、「ご希望により途中でやめることは可能であること」、「個人情報については、ご本人様が情報の共有範囲を選べること」など不安なくご了承いただけるようなお伝えのしかたなどをアドバイスさせていただきます。

料金体系を教えてください。

人材紹介

完全成功報酬型の料金体系となります。候補者の紹介、面接などに費用は発生いたしません。

どのような方をご紹介いただけるのでしょうか。

人材紹介

基本的に、障害者手帳を取得された方の紹介を前提とし、年齢や職務の経歴は様々です。また障がい種別は身体・知的・精神全てが対象ですが、最近は精神障害者手帳を取得して、転職活動をされる方の比率が高くなっております。

紹介した方の定着支援もおこなってもらえますか?

人材紹介

3ヶ月目までは無料で定着支援をおこなっております。3ヶ月目以降も定着支援をご希望の方はご相談ください。

紹介いただいた方が退職された場合、返戻規定はありますか?

人材紹介

入社から1ヶ月以内の自己都合による退職の場合は、80%
入社から2ヶ月以降、3ヶ月以内の自己都合による退職の場合は、50%の返戻をいたします。

人材紹介の場合の雇用形態を教えてください。

人材紹介

貴社の直接雇用となる人材のご紹介ですので、採用条件は貴社にてご設定ください。

関東の会社ではないのですが、サービスを利用することは可能ですか?

人材紹介

現時点では、関東圏の企業様を対象としたサービスとなっております。ただし、関東圏の場合でも遠方の事業所でのサービス利用をご希望の場合は、成功報酬以外に交通費を別途いただく場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

料金体系を教えてください。

完全無料の求人サイトです。

登録している障がい者はどんな方が多いですか?

20代から40代と年齢層は幅広く、精神障がい者の登録が中心です。

応募のやりとりはどうなりますか?

応募があった際には登録いただいているメールアドレスに通知があります。メール本文のURLから管理画面にログインいただき、そちらからメッセージをお送りいただくか、求職者が電話希望であればお電話などでやりとりをしていただいております。

求人の取り下げや、追加はどのようにおこなえばよいですか?

企業専用の管理画面から操作をおこなうことが可能です。新規の求人登録も最短15分で登録可能で操作も簡単です。

掲載する求人数に制限はありますか?

制限はありません。

無料で掲載して自動で有料プランに移行することはありますか?

自動的に有料プランに移行することは決してありません。完全無料です。

お問い合わせ・ご不明な点はフォームまで
お気軽にお問い合わせください。