日本の労働人口減少という問題は、ますます深刻化していきます。そうした社会情勢の中で何ができるか。私たちが挑んだのは、その数900万人近いと言われる障害者の社会参加の支援でした。現在、民間企業に就職して働いている障害者は、およそ54万人。全体のたった6%しか存在しません。障害者の働く意欲を育て、働く環境を整え、彼らの社会参加を促進することができれば、それは大きな力になるはずです。


近年、大手をはじめ多くの企業が障害者雇用にチャレンジしています。各社、より良い就労環境を整えるべく試行錯誤を続けていますが、採用や定着に難を抱えている企業が一定数存在するのも事実。企業と障害者双方の不安や負担を減らし、お互いの歩み寄りをサポートすることができれば、日本の障害者雇用は大きく前進していくはず。私たちスタートラインはその原動力になりたい、そう考えています。


『関わるすべての人に働く喜びを』。掲げた理念を、きれいごとで終わらせてはなりません。既存の仕組みや慣習にとらわれず、サテライトオフィスサービスや屋内農園型障害者雇用支援サービス『IBUKI』、障害者専用人材紹介『MyMylink』、そして三菱地所グループとの協業『インクル MARUNOUCHI』をはじめとした独自の障害者雇用支援の仕組み開発に挑み続け、関わるすべての人の働く喜びを、実現してまいります。


株式会社スタートライン 代表取締役西村 賢治

役員・顧問紹介
取締役
長谷川 新里

神奈川県出身

カナダ留学後、外資系メディアに入社。放送関連の広告営業を経た後、人材サービス会社に転職。経営企画、新規事業推進マネージャー、広報IR特命担当シニアオフィサーなどを歴任した後、特例子会社設立プロジェクトを担当し役員に就任。特例子会社を軌道に乗せた後、株式会社スタートライン設立に参画。

取締役
白木 孝一

福岡県出身

関西学院大学卒業後、アパレルメーカーに入社。退職後は、地元九州で農業、教育業、金融業など様々な業界を経験し、人材サービス会社に転職。10年以上のキャリアを積み、マネージャーとして様々な事業部やチームのマネジメント業務を経て、株式会社スタートライン設立に参画。

顧問
大胡田 誠

静岡県出身 慶應義塾大学大学院法務研究科卒

おおごだ法律事務所 在籍



筑波大学付属盲学校の中学部・高等部を卒業、慶應義塾大学法学部を経て、慶応大学大学院法務研究科(法科大学院)へと進む。8年に及ぶ苦学の末に、2006年、5回目のチャレンジで司法試験に合格。全盲で司法試験に合格した3人目の弁護士になった。一般民事事件や企業法務、家事事件のほか、障害者の人権問題にも勢力的に取り組んでいる。

顧問
竹内 康二

明星大学心理学部心理学科・教授

博士(心身障害学)

公認心理師、臨床心理士

明星大学心理相談センター長

専門は応用行動分析学
一般的な対応では改善が難しい行動上の問題に対して、応用行動分析学に基づいた方法で解決を試みている。「すべての行動には意味がある」という観点から、一般的に「なぜそんなことをするのか分からない」と言われる行動を分析することを目指している。特に、社会的マイノリティとされる人たち、例えば障害児者とその家族などが生きやすい「多様性を認める社会」のあり方を探究している。