女子車いすテニス 高室冴綺選手

 東京2020パラリンピック競技大会 出場決定のお知らせ

 

株式会社スタートライン (本社:東京都三鷹市、代表取締役:西村賢治)の所属選手であるパラテニスプレイヤー/女子車いすテニス 高室冴綺(たかむろ さき)は、日本パラリンピック委員会による東京2020パラリンピック競技大会の日本代表選手団の第一次発表にて、東京2020パラリンピック競技大会 (女子車いすテニス)の出場が決定いたしました。
高室冴綺選手は先天性疾患による両下肢機能障がいのため、高校2年生から徐々に症状が悪化。しばらく杖を使って歩いていたが、次第に車椅子での生活となる。家に引きこもりがちになっていた2013年、18歳のときに母親の勧めで行ったイベントで車いすテニスに出会う。競技者として自らの可能性に目覚め、練習をスタート。
2017年からは本格的に国際大会への出場を開始。着実に世界ランキングを上げながら、2020年東京パラリンピック出場を目指していました。

<高室冴綺選手 コメント>
日本代表になることは目標だったので代表に内定したことをとても嬉しく思うと同時に、自分の努力だけでは成し遂げられなかったことなので私のことを最大限応援やサポートをしてくださった方々に感謝をしています。
そして日本を背負って戦うということは自分が想像をしている以上にプレッシャーや緊張感などがあると思いますが、その舞台に立てるということに自信を持って自分のできる最大限のパフォーマンスで最高の結果を残せるようにこれからも努めてまいります。
世界を相手に自分らしく力強いプレーをして、見てくださっている方々に力を与えられる選手になります!
引き続き応援のほどよろしくお願い致します。

プロフィール

選手名   :高室冴綺(たかむろ さき)
生年月日  :1995年1月2日
障がい   :先天性疾患による、両下肢機能障がい
競技    :女子車いすテニス
ランキング :世界ランキング16位(2021年6月7日時点)
所属    :株式会社スタートライン

主な戦績

▼2020年
・Cougar open wheelchair tennis tournament/クーガ―オープン (アメリカ) シングルス優勝
・French riviera open/リビエラオープン (フランス) シングルスベスト4、ダブルス準優勝
・Prague cup czech indoor/プラハカップ (チェコ) シングルス優勝、ダブルス優勝
・Alanya open/アランヤオープン (トルコ) シングルス優勝 ダブルス優勝
・Haydapasha palace open/ハイダルパシャパレスオープン (トルコ) シングルス優勝
※英名が大会の正式名称です。

会社概要

株式会社スタートライン:https://start-line.jp
「関わるすべての人に働く喜びを」の企業理念のもと、2009年創業以来、障がい者雇用支援の領域において障がい者の「採用」と「定着」に重きを置き、サテライトオフィスサービスを運営。障がい者雇用に関する総合コンサルティングを軸に、2016年2月に障がい者向け就職サイト「MyMylink」、2017年8月に屋内農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」、2018年10月に三菱地所グループと協業の「インクルMARUNOUCHI」、同年11月に「企業向けカスタマイズ研修」など、サービスメニューを拡充しております。現在約200社の企業様と、約1,200名の障がい者のサポートを日々実施しております。

【お問い合わせ】
株式会社スタートライン
クリエイティブ・ブランディング広報チーム 藤野祐輝
MAIL publicrelations@start-line.jp
TEL  050-5893-8926 MOBILE  090-9830-9827
FAX  042-267-3650