障がい者雇用支援コンサルティングを行う株式会社スタートライン(本社:東京都三鷹市、代表取締役:西村賢治)は、2020年12月22日(火)に、板橋区障がい者活躍推進計画に基づき、東京都板橋区役所で障がい者雇用のマネジメントにあたる管理者に向けた研修を実施したことをお知らせします。

セミナー概要

日時:2020年12月22日(火)18時00分~20時00分

場所:板橋区本庁舎 人材育成センター

テーマ:板橋区管理者研修『障がい者雇用の実践に向けて』

対象:板橋区職員

講師:刎田文記

研修内容

なぜ障がい者雇用に取り組むのか?という基礎的なことから、差別禁止・合理的配慮の提供義務、障がい者の虐待防止などの「障がい者雇用施策の動き」に加えて、障がいの種類や手帳・障がい特性、障がい認識と障がい理解といった「障がい特性や配慮事項」、「採用後の定着支援、マネジメント方法」などを具体的なケーススタディを交えて研修を実施。

当日の様子

アンケート結果

参加者から以下のようなご感想をいただきました。
・一人ひとりの特性に気付き、対応していかなくてはならない。誤解のないコミュニケーションが取れるよう時間をかける必要があると思う。
・合理的配慮の手続きと相談体制ができているか、再度チェックする必要性を感じた。
・実際に障がいのある方と一緒に働いたことがないが、今後働いた時には、本人の話をまず聞いてみることが大切だと感じた。
・障がい者を支援している職員のメンタルヘルスサポートも必要と思う場面もある。ケーススタディを通じた解決策がもっと必要である。
・きめ細かい対応と係長職・課長職の業務負担軽減は、セットで考える話だと思った。

講師プロフィール

刎田 文記(はねだ ふみき)
株式会社スタートラインCBSヒューマンサポート研究所主幹主任研究員。障害者職業カウンセラー。公認心理師。1989年立命館大学卒業。1991年明星大学大学院修士課程修了。日本障害者雇用促進協会(現 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構)での勤務などを経て、現在に至る。専門分野は応用行動分析、言語行動理論、関係フレーム理論、ACT、障害者の職業リハビリテーション。

お問い合わせ

株式会社スタートライン
セミナー運営事務局
Mail:info1@start-line.jp
Tel:050-5893-8926