基盤整備センターの刊行する「技能と技術」誌 2020年3月号にてCBSヒューマンサポート研究所主幹主任研究員である刎田文記の論文が掲載されました。

■掲載日:2020年9月7日
■掲載先:基盤整備センター 技能と技術3月号 特集●就職支援の取り組み
■タイトル:関係フレーム理論に基づく関係フレームスキルの評価・訓練について
~ヒトの言語行動と認知的課題への新たなアプローチ~
https://www.tetras.uitec.jeed.or.jp/files/ginou_gijutu/e-book/202003/HTML5/pc.html#/page/14

■基盤整備センターの紹介:近年の少子高齢化や産業構造の変化、グローバル化等社会経済環境の変化を背景に、労働力の需給両面にわたる構造的な変化が著しく進展する中、持続可能な活力ある経済社会を構築するため、若年者、女性、高齢者、非正規労働者を含め一人一人の能力を高めることが必要となっています。
このような社会の課題に応じるため、基盤整備センターは、職業能力開発の実践に必要な調査研究、教材・訓練コース等の開発及び訓練技法・評価等の開発を体系的に行い、合わせてここに蓄積される各種職業能力開発に関する情報を発信していくことを目的としております。
公式サイト:https://www.tetras.uitec.jeed.or.jp/