障がい者雇用支援コンサルティングを行う株式会社スタートライン(本社:東京都三鷹市、代表取締役:西村賢治)は、2020年8月21日(金)に、人事担当者様向けのオンライン障がい者雇用セミナーを開催いたします。

セミナー概要

会社として前向きに障がい者雇用に取り組みたい経営者様/ご担当者様


高年齢者・障害者雇用状況報告(通称:ロクイチ報告)対象企業、その約50%が法定雇用率を現在達成しています。
逆に、約50%の対象企業は雇用率が未達成です。法定雇用率を未達成のままでいると、どのようなリスクがあるかご存知でしょうか?また、ご担当者様だけではなく、経営層の方はこのリスクをきちんと認識していらっしゃいますか?
納付金の支払いやイメージダウンだけでなく、雇用率未達成という状況には思わぬリスクが潜んでいます。
経営課題として、このリスクへ早期に対応すべき理由について、お伝えをいたします。
自社での障がい者雇用へ対する取り組みを、一歩前に進めるセミナーでございます。ぜひご参加くださいませ。

【日時】
2020年8月21日(金)11:00~12:00(入室可能時間10:50)

【場所】
・オンラインセミナーのため、PC/スマホ/タブレット(+イヤホン)があれば、お好きな場所で参加できます。

【講師】
アカウントセールスディビジョン コンサルタント

【オンラインセミナー】
1.株式会社スタートラインの自己紹介
障がい者雇用支援に特化した事業を行っているスタートラインとはどのような会社なのかお伝えします。

2.障がい者の労働市場・法令・社会背景について
労働市場・法令・社会背景についてご説明いたします。課題の分析に入る前段階として、障がい者雇用の最新情報をお伝えします。

3.法定雇用率”未”達成のリスク
雇用状況報告対象企業の約50%は法定雇用率を達成しています。法定雇用率未達成時のリスクについて改めて整理してお伝えします。

4.障がい者雇用を早期に取り組むべき理由
法定雇用率は2021年4月までに、2.3%に上昇をします。また、法定雇用率は5年に1度見直しがあり、2023年にも上昇する見込みです。この上昇のタイミングで、採用競争は更に激化していくことが予想されます。その他にも、何故早期に取り組むべきなのか、その理由についてお伝えします。

5.経営層への障がい者雇用の理解促進
ご担当者様だけではなく、経営層の皆様は、障がい者雇用の意義、そして障がい者雇用を行わなかった場合のリスクについてご存知でしょうか?経営層の方へお伝えしなくてはいけないポイント、また経営層であれば知らなくてはいけないポイントをスタートラインがまとめてわかりやすくお伝えします。

【質疑応答】
6.ウェブチャットを使っての質疑応答
当日は質疑応答の時間を設けています。直接お声かけいただいて/ウェブチャットでのご質問が可能です。
お時間の都合が難しい方は別途オンラインでの個別相談も承っておりますのでお気軽にお問合せください。

セミナーの詳細・お申込みはこちらよりご確認ください。

お問い合わせ

株式会社スタートライン
セミナー運営事務局
Mail:info1@start-line.jp
Tel:050-5893-8926