障がい者雇用支援コンサルティングを行う株式会社スタートライン(本社:東京都三鷹市、代表取締役:西村賢治)は、2020年5月28日(木)に、人事担当者様向けのオンライン障がい者雇用セミナーを開催いたします。

セミナー概要

ダイバーシティ×インクルージョン 地域別で読み解く障がい者雇用~関西地域編~

前回ご好評いただいたため、5月にも再度開催いたします!(こちらのセミナーは4/28に開催したものと同内容のセミナーとなります)
障がい者雇用を考えるうえで、ダイバーシティとインクルージョン、この二つとは切っても切り離せない言葉となっています。
しかし実際、その二つが障がい者とどのように関わりあっているのか、なかなかイメージのつかない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
障がい者雇用状況の集計結果や、法定雇用率などの数字から読み取れる地域での特徴もあります。今までがどうだったのか、そしてこれからどのように変わっていくのか。
スタートラインは5月に新たな屋内型農園の拠点を大阪でオープンします。今回、そんなご縁もあるので関西地域にスポットライトを当てて、関西地域の障がい者雇用の『いままで』と『これからどう進めていくのか』ということを、1,000名以上の障がい者雇用支援を行っているスタートラインがお伝えいたします。

【日時】
2020年5月28日(木)15:00~16:00(入室可能時間14:50)

【場所】
・オンラインセミナーのため、PC/スマホ/タブレット(+イヤホン)があれば、お好きな場所で参加できます。
・ご不明点はセミナー中に、その場でチャット質問できます。
・具体例や事例を知ることができます。

【講師】
アカウントセールスディビジョン インサイドセールスチーム

【オンラインセミナー】
1.株式会社スタートラインの自己紹介
障がい者雇用支援に特化した事業を行っているスタートラインとはどのような会社なのかお伝えします。

2.日本の障がい者雇用『いままで』の変遷から『これから』の障がい者雇用を読み解く
2021年3月までには、法定雇用率が2.3%に上昇することが決定しています。これまで、企業はどのように対応を進めてきたのでしょうか。 法定雇用率と実際の企業の雇用率に剥離はなかったのでしょうか。 また、障がい者雇用の考え方は、地域によってもそれぞれ特色があります。『いままで』の数字から、未来の障がい者雇用はどうなっていくのかを予測し、『これから』何を考える必要があるのか、 スタートライン流に読み解きます。

3.変わりゆく働き方~テレワークの発展は障がい者雇用をどう変えるか~
新型コロナウイルス感染症により、企業はテレワークを進めること急務となりました。 その中で障がい者雇用の考え方、在り方はどうなっていくのか、どう進めていくべきなのか。 そして自社の障がい者雇用をさらに進めていくためには? 解決の糸口をスタートラインが提案いたします。

【質疑応答】
4.ウェブチャットを使っての質疑応答
当日は匿名チャットでの質問が可能です 
10分程度の予定ですので、お時間の都合が悪い方は別途オンラインでの個別相談も承ります。

※セミナー中にも質疑応答を受け付けております。
個別相談につきましても承っております。お気軽にご連絡くださいませ

セミナーの詳細・お申込みはこちらよりご確認ください。

お問い合わせ

株式会社スタートライン
セミナー運営事務局
Mail:info1@start-line.jp
Tel:050-5893-8926