株式会社スタートライン(本社:東京都八王子市、代表取締役:西村賢治)は、2018年9月21日(金)に朝日新聞社様において、『ともに働く~障がい者雇用の現状と課題、職場で必要な支援について~セミナー』にて、弊社障がい者雇用研究室 刎田文記が講演をさせていただきましたので、お知らせいたします。

当日のセミナーは、朝日新聞社に在籍の人事ご担当者や記者、その他内勤や営業部門の社員はもちろん、障がい当事者の皆さままで、約60名の方にご参加いただきました。事前にも参加者の皆さまよりご質問を頂戴しておりましたが、講演後も多くのご質問を頂戴いたしました。

■セミナー概要

日時:2018年9月21日(金)15時00分~17時00分

場所:朝日新聞東京本社 研修室

弊社講演時間:15時20分~16時40分(80分)

弊社講演テーマ:企業・職場で必要な支援と合理的配慮について

講  師:株式会社スタートライン 障がい者雇用研究室 刎田文記

講演内容

差別禁止・合理的配慮の提供義務、障がい者の虐待防止などの「障がい者雇用施策の動き」に加えて、障がいの種類や手帳、精神・発達障がいの障がい特性、障がい認識と障がい理解といった「精神障がい者の雇用」、「多様な障がい者との関わり方」など、具体的なケーススタディをもとに講演をさせていただきました。

■当日のご様子

■講師プロフィール:株式会社スタートライン 障がい者雇用研究室 刎田 文記

 

 

 

 

 

 

【経歴】1991年4月日本障害者雇用促進協会(現 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構)に就職。栃木障害者就職センター(5年)、山口障害者職業センター(3年)にて、障害者職業カウンセラーとして勤務。障害者職業総合センター(千葉市)評価相談部 障害者支援部門研究員として8年間勤務。(「職場適応促進のためのトータルパッケージ」等の開発を担当)国立職業リハビリテーションセンター職業指導課(5年)にて、上席障害者職業カウンセラーとして勤務。2013年に株式会社スタートラインに参画。障がい者雇用研究室に在籍し、具体的な支援に加え、支援技術の研究・開発に従事。

 

≪本リリースの問合せ先≫

株式会社スタートライン コンサルティングセールス本部:渡辺

TEL:050-5893-8926 Email:info1@start-line.jp