株式会社スタートライン(本社:東京都八王子市、代表取締役:西村賢治)は、「屋内農園型障がい者雇用支援サービス IBUKI(読み:イブキ)」において、 2018年5月7日(月)に第2ファームを埼玉県戸田市にオープンいたしました。

2018年4月の法定雇用率引き上げに伴い障がい者雇用の拡大が見込まれる中、雇用ノウハウを持たない企業にとっては、障がい者の採用はもちろんのこと、障がい者にどのような業務を任せるか、雇用後の定着といった部分に大変な困難を伴います。そのため、 2017年8月に屋内農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」をサービス開始いたしました。

屋内農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」ポイント

障がい者をせっかく雇用しても何を任せたらよいのかわからない」を解決!

・障がい者の「業務不足の解消」と「安定就労」の双方を実現

・農園(働く場所)と、農作業および作物加工業務(任せる業務)がセットになっているため、企業側で新たな業務の創出が不要

CSR活動にもなり、制作した物は企業のブランディングツールとして使用できる

・栽培した作物は、ニーズに応じて二次加工をおこない企業のノベルティ等に活用可能

・当社の障がい者雇用支援のプロフェッショナルが常駐しており、安心して働ける環境が整っている

・明るい屋内型農園で、天候の影響を受けることなく安定して就業に励むことができる

 

 

 

 

 

2017年8月のサービス開始より、おかげさまで第1ファーム(横浜市綱島)は満室。既に次ファームを予約いただける企業様が多数いらっしゃったことから、ご要望にお応えして、2018年5月7日(月)に第2ファームを埼玉県戸田市にオープンいたしました。

屋内農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」 サービス概要

株式会社スタートラインが運営する天候の影響を受けない安全な屋内農園で、主に知的・精神障がい者を雇用して、約50種類のハーブ、葉物野菜、エディブルフラワーを栽培し、自社の福利厚生やブランディングツールを提供する、障がい者雇用支援のトータルパッケージです。屋内農園は、おしゃれな外観の倉庫内にあり、企業様ごとに植物装置が装備された就業スペースが用意されております。

サービスの特徴

①屋内型のため天候によるリスク(熱中症など)の心配がない安定した就労環境を実現

当社が運営する農園は、屋内農園型で倉庫内で植物装置システムを活用し、障がい者の方が快適な空間で農作業に取り組まれます。

② 環境ダメージを回避する低面かん水方式

養液排水による環境破壊を回避。長期休暇にも対応した水やりシステムを導入。

③ 障がい者雇用支援のプロフェッショナル常駐

単なる農園貸しではなく、当社サテライトオフィスで培った定着支援のプロフェッショナルが常駐することで、高い定着率を実現。

④ 栽培物が、強力なブランディングツールに!

栽培品種は、ハーブ・葉物野菜を中心に50種類以上。IBUKIで収穫できたハーブ類はハーブティー等の加工が可能。CSR向上にも寄与するブランディングツールに!

<第2ファーム概要>

[名 称] IBUKI TODA FARM

[所在地] 埼玉県戸田市美女木1119番地

[最寄駅] JR埼京線「北戸田駅」

新宿駅から25分の好アクセス

≪本リリースのお問合せ先>

株式会社スタートライン

コンサルティングセールス本部:渡辺・栗田

TEL:050-5893-8926    FAX:0422-67-3650

Mail:info1@start-line.jp