農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」

概要

業務用意は不要!自慢できる営業ツール・ノベルティを製作!
法定雇用率アップ対策に最適な、あたらしい障がい者雇用プラン。

農園型障がい者雇用支援サービス 「IBUKI」は、障がい者の「業務不足の解消」と「安定就労」を実現する、画期的な障がい者支援サービスです。

企業様が障がい者雇用に取り組みやすいように、就業環境や業務などをパッケージにして提供いたします。就業環境は、障がい者雇用の場として近年注目されている農業的事業に取り組むことに適しており、ハーブ類を生産・加工し、企業の福利厚生や営業活動の販促物として活用していただくことを想定しています。

栽培した作物(ハーブ、パクチーなど約50種類が栽培可能)は、お客様のニーズに応じて、二次加工を行い食用や観賞、販促物に活用。もちろん、栽培技術や加工技術は必要ありません。当社でサポートさせていただきます。

障がい者雇用の「場」そのものと「業務」がセットになっており、もちろん、採用や採用後の継続的なサポートも充実しております。「IBUKI」は障がい者雇用は「難しい」から「楽しい」を実現します。


「IBUKI」倉庫内農園イメージ

特徴

  1. 障がい者の業務不足の解消・・・農作業及び加工業務など、業務はすべて弊社側で準備。新たな業務の創出が不要
  2. 自慢できるノベリティ・・・栽培物をハーブティーなどに加工して、社長様や営業担当が独自のノベリティーを作成
  3. 安心、安全な就労環境・・・屋内業務なので、天候の影響を受けずに安定した就労環境。駅周辺でアクセスもgood
  4. ワンストップで提供・・・採用、職場創出、業務の準備、定着までの障がい者雇用にまつわる全工程を一括でご提供

背景

平成30年の障がい者法定雇用率の引き上げ(現行2.0%→想定2.3%)見据えて、各企業の障がい者雇用担当者が対策に動き出しています。

しかしながら、既存の障がい者採用の打ち手は、あらたな業務創出の問題、障がい者採用のハードルの高まり、採用後のフォロー・定着の難しさなど、企業の障がい者採用担当者の負担が高くなるとともに、法定雇用率の安定的な達成が難しくなっております。

そんな障がい者採用の現場の課題を一括で解決できる術として、農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」を開始いたしました。

ご利用の流れ

※ご契約から運用開始まではおよそ2ヶ月を想定しております。

●STEP1 ご契約
貴社と弊社にて各種契約書をリーガルチェックのうえ締結

●STEP2 各種準備
弊社側にて貴社ブース設営準備、貴社と弊社双方協議のうえ、障がい者・管理者採用準備、ノベリティ準備

●STEP3 工事・採用・製作
弊社にて、ブース設営工事、貴社と弊社協力のもと、障がい者・管理やの採用、ノベリティの製作

●STEP4 運用開始
倉庫内の貴社専用ブースにて、障がい者、管理者弊社農園SV、栽培技術指導者、定着支援サポーターによる運用開始

よくある質問

料金の支払いはどのようなイメージですか?

購入とリースがございます。
植物装置など設備一式を一括でご購入いただくことができるほか、リースで分割支払いをいただくことも可能です。料金の詳細については、弊社までお問い合わせください。
(電話番号:050-5893-8926 平日 9:00 ~ 18:00)

管理者は正社員である必要がありますか?

地元の主婦やシニアのアルバイト雇用で対応可能です。
1日の労働時間は、休憩1時間を含めて7時間なので、地元の主婦やシニアの方でも負担なく、管理者として働いていただくことが可能です。

土日祝日などは業務は必要ですか?

特に何もしなくても問題ない業務設計です。
植物には自動的に水やりがされる装置があり、お休みの間は何も業務をする必要がありません。
年末年始などの長期休暇の間は弊社にて給水タンクへの補給などは実施しますが、それ以外は
特に業務をする必要はありません。

どんな植物が栽培できますか?  

主に葉物やハーブが中心です。
栽培できる植物は葉物やハーブを中心に、50種類以上あり、お客様のニーズにあわせてお選びいただけます。

栽培ハーブ例


ノベルティ(加工物)はどんなものが選べますか?

ハーブティがございます。今後はハーブ石鹸、バスソルトなど
営業ノベルティとしては、ハーブティが使い勝手がよく人気がありますが、その他のノベルティについても準備中でございます。

十分な業務量は確保されているのでしょうか?

必要十分な業務の用意が可能です。
稼働5週目までは少し業務量は少ないですが、この間は管理者・障がい者向けの定着訓練を実施します。トレー毎に栽培時期をずらすことで、「播種」・「トレー洗浄」・「間隔広げ」・「加工・袋詰め」などの業務行程を作り、6週目以降は、十分な業務量を担保できます。1区画あたり最大3名の障がい者の就労が可能です。

衛生管理の基準については問題ありませんか?

問題はありません。
スタートライン社のファームにおいては、以下の品質管理を行います。

・倉庫内に入る際に制服を着て、エアーカーテンをくぐることで、外部からの汚れや虫を各栽培ブースに持ち込まないようにします。

・衛生管理の面から、靴履き替え・アルコール消毒・手洗いを徹底します。
 ⇒ビニールハウス内は、無菌に近い状態を確保します。

・栽培におけるマニュアルをもとにした管理者向けのチェックリストを使用し、品質のチェックを行います。

・知的障がい者が作業する上で、特殊な溶液を使用する、刃物を使用するなどの工程はなく、安全配慮は保ちます。

お問い合わせ・ご不明な点はフォームまたは以下の番号までお気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

法人のお客様

お電話でのお問い合わせ

電話 050-5893-8926

受付時間: 平日9:00~18:00
おかけ間違いのないようご注意ください。

〒181-0012東京都三鷹市上連雀1-12-17三鷹ビジネスパーク1F 株式会社スタートライン


ページのトップへ