“業務不足の解消”と“安定就労”を実現する新サービス 農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」リリースのご案内

障がい者雇用支援サービスを提供する株式会社スタートライン(本社:東京都八王子市、代表取締役:西村賢治、以下当社)は、障がい者雇用支援における新サービス、農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI(いぶき)」(以下「IBUKI」)をリリースいたしました。

「IBUKI」では、企業様が障がい者雇用に取り組みやすいように、就業環境や業務などをパッケージにして提供いたします。就業環境は、障がい者雇用の場として近年注目されている農業的事業に取り組むことに適しており、ハーブ類を生産・加工し、企業の福利厚生や営業活動の販促物として活用していただくことを想定しています。「IBUKI」の申込み受付は2017年5月18日より開始、同8月に横浜で1拠点目を開設いたします。

▼ 農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」
      サービス詳細はこちら

▼「IBUKI」提供開始の背景
平成30年の障がい者の法定雇用率の引き上げ(現行2.0%→2.3%を想定)を見据えて、各企業における障がい者雇用のご担当者様が対策に動き出しています。
しかしながら、既存の障がい者雇用においては、新たな業務創出の問題、障がい者採用のハードルの高まり、採用後のフォロー・定着の難しさなど、ご担当者様の負担が多くなるとともに、法定雇用率の安定的な達成が難しくなっております。
そんな障がい者雇用の現場の課題をワンストップで解決すべく、「IBUKI」を開始いたしました。

▼「IBUKI」の特徴
1.障がい者の業務不足の解消
   栽培・加工業務などがあり、企業様からの新たな業務の創出が不要
2.安心、安全な就労環境
   屋内業務なので天候の影響を受けない安定した就労環境、駅周辺でアクセスも良い
3.ワンストップで提供
   採用、職場創出、業務の準備、定着までの障がい者雇用にまつわる全工程をワンストップでご提供



【当リリースのお問い合わせ先】
企業名:株式会社スタートライン
担当者名:IBUKI事業チーム 高津(こうづ)
TEL:050-5893-8926
Email: ykozu@start-line.jp


ページのトップへ