白木 孝一

略歴
氏名:白木 孝一 役職:取締役(障がい者職業生活相談員・個人情報保護士)
出身:福岡県 出身校:関西学院大学
業務経験・資格

●アパレルメーカー ●農業・教育サービス・金融サービス

福岡県出身。関西学院大学卒業後、アパレルメーカーに就職したものの若気のいたりですぐに退職し、フリーターとして地元九州で農業、教育業、金融業などを経験。その後、人材サービス業界に飛び込み、キャリア10年以上。マネージャーとして様々な事業部やチームのマネジメントを担当した後、株式会社スタートライン設立に参画。40代にして運動に目覚める。

企業も、地域も、人も、共に助け合い、支えあう

道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である(二宮尊徳)

私の座右の銘です。『社会問題』の1つとして認識されている『障がい者雇用』に関して、雇用したいと考えている企業と働きたいと考えている障がいのある人の間に入り、単純に出会いをコーディネートするだけではなく、出会った後の双方のケアを中心に事業を行ってきました。多くの企業、障がいのある人との出会いがあり、それに伴い当社の従業員も増えてきました。そして関わらせていただいたいろいろな人からいろいろな話を聞くたびに、まだまだ大小様々な課題があることを再認識させられています。まだまだやりたいこと、やるべきことはたくさんある。そういった課題に取り組むためにも、きちんと会社を成長させ、持続可能性のある事業を推進していかなければなりません。そういった責任を担う者として、課題解決のヒントを常に探し、時には異業種、グローバルの事例にも学び、ICTをはじめとした新しい技術を取り入れる可能性の模索など、アンテナを広くし、良き社会観を持ったプロフェッショナルであり続けたいと考えています。

ページのトップへ